活動紹介
ファミリービジネスを深める
お問い合わせ
プライバシーポリシー

INFORMATIONお知らせ

2021.10.04
| セミナー情報

2021 グランピング 学び&BBQ

9月に入り、いきなり涼しくなってきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さてコロナ以前を忘れつつある今日ですが、FBN Japanは、今年もしぶとく10月23日(土曜日)、BIOTOPIAさまのキャンプラグドvol.4  に便乗、「集会」を行います。

BIOTOPIAでのグランピングは、皆さまの楽しみであり、且つ現状では私たちが集まることのできる唯一の機会です。理事会および事務局は、この日に合わせていろいろな企画を考えてきましたが、現状そのほとんどの実現が難しく、また本年はミスインターナショナル日本代表たちの参加も叶いません。

非常に厳しい環境下にはありますが、皆様に足を運んでいただけるよう、導入のプレゼンテーション、日展副理事長(洋画部門)佐藤哲さまのパフォーマンスならびに講演「ペスト後に開花したルネッサンス」で大いにリラックスしていただいたのち、二つのテーマについて発表、議論してまいります。一つは「スポーツからの世界観とファミリー・ビジネス」についてであり、もう一つは「大学体育会の民営化」です。

「ペスト後に開花したルネッサンス」

皆さまが経験された「受験」という人生のイベントで、美術やスポーツが受験科目として選択されたケースは、その時点で進路がはっきりしていない限り稀だった筈、したがって多かれ少なかれ学校の授業は、「息を抜く場所」ではなかったでしょうか。卒業後の社会人生活においても、効率化や規模の経済を追求していく競争の中で、まったく触れることがなかった人も少なくないでしょう。しかし本来人生を豊かにしていくためのパートナーは、お金や名誉ではなく(だけではなく)、倫理的・道徳的基盤上の「感性や爽快感」なのではないでしょうか。

IT化により多くの、理論で片付けられる作業は付加価値が逓減していくのであり、感性や爽快感には、考えられない評価が与えられるかもしれません。少なくとも芸術性を無視した、表現には語弊があるかもしれませんが、無機質なビジネスは淘汰される流れに抗し切れません。

百人百様の芸術に対する感性を研ぎ澄ますことは、有形無形の力になると確信します。可能な限り先入観を持たないでご参加ください。

「スポーツからの世界観とファミリー・ビジネス」

喧々諤々の議論の中、オリンピック、パラリンピック(オリパラ)が開催・閉幕しました。後始末もまだまだ大変です。しかしながら私たちにとって、オリパラがもたらした美点は貴重な資産であり、これからの世の中に、ビジネスに生かしていくことは義務ともいえます。私たちにはおなじみの、ムハマド・ユヌス博士(グラミン銀行創設者、2006年ノーベル平和賞受賞者)がオリンピック開会式で述べられたことを、皆様と一緒に深堀していきます。見せかけのSDGsではなく、本当に必要なものは何なのでしょう。ユヌス博士はパリオリパラのキーパーソンでもあり、既にYunus Sports Hubを通じて、スポーツによる、よりよい社会を実現すべく活躍されています。ムハマド・ユヌス博士が最も信頼を置く日本人、九州大学岡田教授に、熱く語っていただきましょう。

合わせて「大学体育会の民営化」についてのプレゼンです。全くファミリー・ビジネスに関係がないとは考えないでください。体育会系という揶揄は、上司の言うことを盲目的に聞いて、手段を問わず目的を実行する社員という感じで、昭和の辞書には書かれていますが、オリパラの選手たちを見ればわかる通り、例え個人競技であっても、最新の科学とメンタルトレーニングがチームとして行われていない限り、勝利は覚束ないのです。体育会も大きく変わっています、いくつかの体育会では、社会との互換性を意識しながらその活動を変化させてきています。地域に根差すFamily Businessとの協業や、社員の健康管理・福利厚生に資するだけでなく、それこそSDGsの目指すところ、社会のwellnessにも関連しているのです。

プレゼンテーションを行う松谷 浩史氏は、早稲田大学卓球部のOB会元幹事長であり、伝説の早稲田競争部監督、中村清氏の甥っ子として、薫陶を受け続けてきました。時代とともに移り変わる大学体育会の役割、そしてまだ認識されていない価値について語ります。

「コロナ禍:禍福はあざなえる縄のごとし」

今まで同様、open airで少しサビの効いた食事(バーベキュー中心)を楽しみましょう。 開始時間を早め5時からとし、特にコロナ禍で得たものを中心に話しませんか。否定や犯人捜しはメディアに任せましょう。得たものの希少性が、いつか世の中が「正常化」したときに素晴らしい資産になるはずです。

誤解を恐れず書きますが、コロナ禍が私たちに与えてくれている最大の付加価値はResetの機会と時間です。ダボス会議ではGreat resetという表現が用いられたと聞きますが、歴史は繰り返し、そしてより強い社会を作ってきたのです。ResetとRenewalは、社会、特にFamily Businessへの贈り物です。

このセッションでは少しだけ事務局から、会話を弾ませるための「お題」を出しますが、皆様の語り合いを妨げるものでは決してありません。全く準備は不要、お帰りになられる際、皆様それぞれのPeace of mindだけは、お持ち帰りいただけるものと確信しております。

Fast Alone, Far Together(急ぐなら一人で行け、遠くに行くのならば皆で行こう)は、有名なアフリカのことわざです。ファミリー・ビジネスという長い旅に出るのであれば、選抜されたメンバーの旅も悪くないでしょうけれども、多くの人が参加できるインフラを持った旅のほうが、楽しくて楽ではないかと思います。

秋の夜長、パネラーの方たちも含め、語り合いませんか。

お 申 込 

テーマ:5回グランピング(キャンプ)2021  ワンデイEscape!

日時  : 2021年10月23日(土)

場所  : me-byo valley BIOTOPIAhttps://www.biotopia.jp/

神奈川県足柄上郡大井町山田300

以下の項目にご記入の上、本状を2021年10月15日(金) までに

e-mail: fbn-tokyo@fbnj.jp または、FAX  03-5770-8820にてお送り下さい。

【お申込み内容】(必要事項をご記入ください)

1023日(土) シンポジウム参加費用(BBQ含む)

¥15,000/大人1人  ¥7,500/子供1人(6歳~12歳)

参加者(大人)     名、参加者(子供)     名

■タイムテーブル(仮)

時間 場所 内容 担当者
9:00~ BiOTOP!A office

本館北口エントランス前

駐車場 はB! office北口エントランス前をご利用ください
10:00~ BiOTOP!A marche

me-byoエクスプラザ

(自由見学)ウォームアップ・セッション

「~未病エクスプラザ〜 ワタシの未病状態って?」

11:30~

12:00

BiOTOP!A office

本館南口ロビー

受付開始

※午後セッション開始までに受付をお済ませください

11:30~

12:50

BiOTOP!A marche内

Café Saint-Jacques

ランチ

未病フレンチをご堪能ください。

移動 BiOTOP!A office

本館南口ロビーへ

13:00~13:50 BiOTOP!A office

本館南口ロビー

日展「洋画」

油絵パフォーマンス 見学

佐藤哲氏

 

移動 BiOTOP!A office

本館南西角部屋へ

14:00~

14:25

BiOTOP!A office

本館南西角部屋

オープニングスピーチ
14:25~

15:05

BiOTOP!A office

本館南西角部屋

基調講演

「ペスト後に開花したルネッサンス」

佐藤哲氏

 

休憩 コーヒーブレイク
15:20~

16:00

BiOTOP!A office

本館南西角部屋

基調講演

「スポーツからの世界観とファミリー・ビジネス」

岡田昌治氏
16:00~

16:30

BiOTOP!A office

本館南西角部屋

基調講演

「大学体育会の民営化」

松谷浩史氏

 

移動 BiOTOP!A fieldへ お車の移動をお願いします

B!office北口駐車場→B!フィールド駐車場P3

17:00 BiOTOP!A field 乾杯挨拶、ディナーBBQ
18:30~

 

BiOTOP!A field ランタンイベント開始(19:00~)

歓談&アピールタイム、キャンプファイヤー

20:30 BiOTOP!A field 中締め
※ご宿泊の方はそのままテントへご移動ください
挨拶:河田氏

高梨氏

21:00~

22:00

BiOTOP!A field 解散

※22時に閉門しますのでご注意ください

 

※プログラムは予告なく変更される可能性があることを、ご了承くださいますようお願い申し上げます。また、詳細なタイムテーブルは後日ご参加下さる皆様へ個別にご連絡させていただきます。

会員募集中
セミナーのご案内
慶應義塾✕FBN